人気ブログランキング |

ささやかな宇宙への旅へ

PISCES

CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
NASAの発想
from 北の夢想科学小説
seeds of mou..
from 北の夢想科学小説
ホームズ彗星(17P/H..
from 「さみ・くり」ぶぅ~ろぐ
ホームズ彗星
from 北の夢想科学小説
皆既月食を見よう
from サイノメ
フォロー中のブログ
主な参照リンク
以前の記事
検索
その他のジャンル
画像一覧
by astro_calendar | 2019-09-29 02:31 | 山中児童センター
2019年 08月 12日
夏の星空観察会2019速報

 ことしの観察会はスターウイーク最終日の8月7日に設定した。この日は旧暦七夕にあたる。晴天確率も良いというが、午後から雲行きが怪しくなった。開始前のセッティングでは一面に雲が広がっていた。幸い、日没後は雲が切れ始めたので、月や惑星の観望には何とかなりそうだ。

 準備した器械は全部で8台になる。昨年はこれでも足らないくらいだった。極軸やファインダーがズレたりすると、もうアウトだ。長蛇の列になる。しかも、最近はスマホで画像ゲットの希望者が格段に増えた。インスタなどの影響がここまできているようだ。前回は案の定スマホアダプタが不調で、時間のロスがひどかった。今回はスマホ専用器に集中できたのと、比較的とらえやすい月がいたこともあり、子どもらも画像をゲットできた。

 こんな観測会場ではKさんのようなアマチュア天文家が来てくださると、鬼に金棒である。本当に助かった。あくる日の橋立地区観望会に行かれず、申し訳ない限り。また、今回最大の収穫は天文教室OB/OGの生徒たちが望遠鏡の操作から解説に関わってくれたことだ。実に頼もしい限り。プラネタリウムが存続しても、もう安心である。

b0025745_13421405.jpg
b0025745_13423050.jpg
下は参加者がとらえた画像。


by astro_calendar | 2019-08-12 13:39 | 山中児童センター
2019年 08月 01日
夏の星空観察会2019
きょうからスターウイーク。色々告知してきましたが、山中では8月7日がメイン観察会。4日には児童センター、プラネタリウム室にてプレイベント開催です。よろしければお越しを。
b0025745_01563734.jpg

by astro_calendar | 2019-08-01 01:52 | 山中児童センター
2019年 07月 18日
山中小学校と河南小学校の学習投影
 この日は山中温泉地区の2小学校、山中小と河南小の学習投影。前回、河南小は投影終了時に唐突に「星座早見盤の使い方を教えて」と担当教諭から。ところが、よくわからずオロオロになりました。昔の早見盤と違ってますね。「そういえば、以前も突然振られてモタモタしてましたね」と先生。「そうなんです。私はしょせん素人なんですが、特に最近の星座早見は何が何だか訳が分からなくて・・」と、とぼけた会話が続きます。ブラックホールやハヤブサ2の話題など直近の話題はチェックしてますが、星座早見は想定外でした。でも、おなじみさんの多い山中中学校下。ノリは抜群です。夜明けは大合唱で幕を閉じました。
b0025745_01442985.jpg

by astro_calendar | 2019-07-18 01:30 | 山中児童センター
2019年 02月 25日
やまなか児童センターフェスティバル 2019
 大雪で一カ月延期になった昨年とは、なんという違い。今回も昨年以上に多くの参加者でにぎわった。もはや、山中温泉では最大のイベントではないだろうか?

 琴、ヒップホップ、山中節教室の発表でも地域の方が詰めかけた。ロビーコンサートでは椅子が足らず、立見がでるほど。子ども解説員による特別投影はもうノリノリで、あっというまの1日だった。
b0025745_13075609.jpg
b0025745_13073454.jpg
b0025745_13074429.jpg

by astro_calendar | 2019-02-25 13:09 | 山中児童センター
2018年 08月 02日
夏の星空観察会2018 速報
 火星大接近の翌日、というよりもう大接近当夜そのもの。定刻前から、会場にはどんどん人が集ってくる。日没後まもなく金星が見えだし、次いで木星が姿を現した。幸い大気の状態は安定している。「大赤斑が見えますよ」と北口さん。次いで子午線通過前の土星は輪もくっきり。やがて、遠くの山稜から火星が姿を現すと、ボルテージは最高潮だ。惜しむらくはダストストームでのっぺらぼう。お子さんが「黄色いね」と感想を漏らしていたが、そのとおり、その名も大黄雲というんですよ。あんた、センス良い。と叫びそうになった。

 9時になるまで、会場は大賑わいだった。受付を担当していたセンター職員から「300人近く、いや実際は超えたようですね」とのこと。配布した星座早見うちわは1時間足らずでなくなってしまった。でも、大きな事故もなく、ご協力を頂いたスタッフの方々、参加者の皆さん、ありがとう。
b0025745_16072755.jpg
今回は7台の望遠鏡に、70mmx10双眼鏡がラインナップ。望遠鏡1台は撮影専用
b0025745_16075367.jpg
定刻頃にはどんどん人が集まってきた。受付のセンター職員、まちづくりスタッフから最終的には300人を超えた、との報せが。
b0025745_16074455.jpg
土星のリングもくっきり見えた
b0025745_16073531.jpg
ダストストームで火星のもようはほとんど見えない
b0025745_16071907.jpg
深夜には月が上ってきた。これはスマホで撮影。

by astro_calendar | 2018-08-02 16:26 | 山中児童センター
2018年 07月 18日
夏の星空観察会2018
 ことしも星空観察会の日が近づいてきた。開催日は8月1日。7月28日には恒例、プレ投影だ。イベントの呼称はこれまでの「親子星空観察会」から「夏の星空観察会」に変更になった。理由はこちら→ https://astro.exblog.jp/27023701/

4,5日前今季初めて望遠鏡をのぞいて見た。うおお、火星がでっかい。でも、砂嵐のせいで表面の模様は全く見えなかった。
b0025745_12245986.jpg

by astro_calendar | 2018-07-18 12:27 | 山中児童センター
2018年 06月 22日
庄小学校の学習投影
 夏至の6月21日、庄小学校の学習投影があった。おりしも「はやぶさ2」がリュウグウ接近というベストタイミングだった。はやぶさ2のことを知っている児童がいたのは、やはり驚きだった。2010年のはやぶさ帰還とワールドカップの話題に触れながら、6月19日の映像を紹介した。その12時間後、JAXAから最新画像が更新された。S型のイトカワと異なり、リュウグウはC型である。研究価値はイトカワよりはるかに高い。最新画像では、極に明るいスポットが見える。単に太陽光の入射角だけではないような気がする。セレスのように、こんな小さな天体でも鉱物の組成が異なるのだろうか? 今後の探査に注目が集まる。
b0025745_01501991.jpg

(c)JAXA
by astro_calendar | 2018-06-22 01:54 | 山中児童センター
2018年 03月 11日
一カ月遅れの山中児童センターフェスティバル
 2月のドカ雪で一カ月遅れになった山中児童センターフェスティバル。それでも、たくさんの方が参加された。7年前の3月11日は、忘れもしない東日本大震災の日だ。プラネタリウムは復興の光特別編になった。
b0025745_23444389.jpg
b0025745_23443572.jpg

by astro_calendar | 2018-03-11 23:40 | 山中児童センター